HOME > ご挨拶

ご挨拶

代表挨拶

代表挨拶のイメージ

私は長年、病院や整骨院という交通事故治療の現場で交通事故の体験者の生の声をたくさん聴いてきました。 
被害者の方も、加害者の方も普通の生活に戻るまでに月日を要し、気持ちの整理が付くまでに相当の時間を要しているように感じます。

これまでに様々なケースに出会ってきました。

  • 事故直後の呆然自失。不安、憤り、やるせない気持ち。
  • 頼りにしたいはずの保険会社の担当者が「そっけない態度」。
  • 「加害者」から一切連絡が なく加害者の顔さえ見たことがない人。
  • 搬入された病院で、レントゲンを取って湿布を出されただけで終わり。
  • 「もう治ったんじゃないですか?」と決め付けられて治療を打ち切られた人。

交通事故治療には、熟練した手技による治療と迅速な各種手続き
傷ついた心に届くような心温まる対応が必要であると認識しています。
ここにご紹介する整骨院は、交通事故への対応を十分訓練された院ばかりですので事故に限らず、どんなささいな事でも遠慮なくご相談下さいますよう。
皆様のご回復と、ご多幸を心より祈念いたします。