HOME > 患者様の声

患者様の声

整骨院での交通事故治療を選択した人の生の声です。

事故にあった瞬間からスジ張っているような感じでした。
患者様

トラックから降りて荷台で作業している時に車が突っ込んできたんです。事故にあった瞬間からなんだかスジ張っているような感じでした。車に接触しなかったのは不幸中の幸いでした。

つづきをよむ
交通事故の治療を整骨院で出来るなんて知りませんでした。
患者様

正直、整骨院で交通事故の治療が出来るとは、思っていなかったですね。母親が整骨院に通っていて、整骨院で交通事故の治療が出来ることをはじめて知りました。

つづきをよむ
その日はうつ伏せも仰向けも痛くてダメでした・・・。
患者様

その日の夜には首がどうにも痛くて寝れなかったです。うつ伏せでも仰向けでも首が痛いし、横を向こうとしても痛くてダメでしたね。もうどうにもならなかったのでもう一回病院にいったんですよ。

つづきをよむ
仕事が終わってからでも治療に通える事も整骨院のメリットでした。
患者様

病院ではなく整骨院に通院を決めたのは夜8時まで診療してくれるという利便性も大きいです。仕事が終わってからの通院となると病院だと終わってしまっているんです。

つづきをよむ
事故直後は平気だったのに、シビレと吐き気が出てきて・・・
患者様

事故直後は体に痛みを感じるということはそれほどなかったのが、警察が来る5~10分の間に首の痛み、体の震えを感じてきました。しびれと震えが止まらなくなって、結局、救急車に乗せてもらいました。

つづきをよむ
「親切・丁寧・きめ細かい」が私が整骨院を選んだ理由です。
患者様

整形外科での治療は「自然に治癒させていく」というイメージ。
整骨院のイメージは「細かいところまで触診で診て、何を治せばいいかを説明してくれる」、ここが違うと思います。

つづきをよむ
治療院を選んだ決め手は「対応の良さ」でした。
患者様

「交通事故」といわれても、どういう病院に行ったらよいのか、わからないというのが正直なところです。治療院を選んだ決め手は「対応の良さ」でした。いくら腕のいい先生がいても「対応」が良くないと行きたくないですから。

つづきをよむ
治療の必要性を自分で説明できることが大事。
患者様

でも、ある程度身体に関して専門的な知識を持っていて、整骨院だとこういう治療をしてくれる、病院だとこういう治療をしてくれる、だから両方の治療が必要なんだとはっきり明確に言えれば大丈夫ではないですかね。

つづきをよむ
整骨院で事故の治療ができるなんて知りませんでした。
患者様

以前、事故の治療を経験したことのある職場の先輩に相談したら「整骨院で交通事故の治療ができるよ」と教えてくれたんです。
整骨院で交通事故の治療を受けられるなんて、職場の先輩に聞くまで全然知りませんでした。

つづきをよむ
先生との距離が近いことがよかったです。
患者様

整骨院では痛いところをきちんと診て治療してくれるので、徐々に良くなっていることを実感しています。
全体的にやわらかい雰囲気が気に入っています。
それに素直に痛みのことを先生に話せる環境がいいのだと感じています。

つづきをよむ
整骨院での親切な対応が安心しました。
患者様

痛いところをきちんと聞いてくれるので、よかったです。集中的に治療してくれましたし。ふれられことで、自分もそこが痛いんだとわかるし、先生もわかってくれるので、つらさが共有できたのが、よかったです。

つづきをよむ

もう少しで大事故でした。

まず事故の状況についてお話しいただけますか?
患者様 初めての交通事故でした。。
トラックから降りて荷台で作業している時に、車が突っ込んできたんです。

ちょうど右手をトラックの荷台にかけての作業中だったので、右側の肩と背中を痛めました。
事故にあった瞬間からなんかスジ張っているような感じでした。

一週間くらい経ってから、あっちもこっちも痛くなってきたという話がよくあると思うんですけど、私の場合はそういうことはなかったですね。

本当にあと数十センチずれていたら、自分がひかれていた事故だったので、本当にびっくりしました。
とにかくすごい近くだったんです。
車には接触しなかったのは不幸中の幸いでした。
突っ込んできた車の運転手さんは、煙草に火をつけようとして、なかなか火がつかなくて・・・よそ見してたみたいですね。
どんな行動をされましたか?

自分がその状況を理解するまでに、少し間がありました。

相手の人が私の方にきて・・とりあえずどうしよう・・と。
事故直後は相手も僕も体の方は大したことなかったので、救急車を呼ぶことのほどではないと判断して、救急車は呼ばなかったです。
警察の方にはすぐ来てもらいました。

自分の会社に運送部門があり、交通事故に際しての対処の仕方に関してはある程度予備知識があったので、割と冷静に対処できたと思います。

保険会社とのやり取りはどうでしたか?
患者様

手続き的には、たまたま加害者の方の保険会社と、僕の会社で使っている保険会社が一緒だったということもありまして、私の携帯の方に連絡がすぐに来ました。

すべて電話でのやり取りでした。
内容としては比較的かんたんで「病院に行きたい」「壊れた車を直してほしい。」と伝えました。
それに関しては比較的スムーズに、保険会社に対処してもらいましたね。

担当者の対応に関しては・・・ちょっと微妙ですね。
「お加減いかがですか」と症状を聞いてくるんですけど、「仕事に早く復帰して」みたいな感じで言われたりするんですよね。
今まで現場中心で仕事してたので、この状態だと現場に行っても、逆に迷惑かけるということで休んでたんですけども、ちょっと暗黙のプレッシャーというか、「早く復帰しようよ」みたいなニュアンスを感じますね、正直。

その辺はいい気分はしないんですけど、治してくれるまでは通院したい意向は伝えました。
保険会社の方もビジネスですし仕方ないと僕は理解しました。
それに一度途中で保険を打ち切っちゃうと、そのあと例えばこの肩が痛いなと思った時に絶対面倒見てくれないと思うんですよ。
書類的な手続きに関しては私の会社が加入している保険会社の担当の人がある程度書類を揃えてきてくれたので、大変だったなって言う感覚はなかったですね。

病院での治療はどうでしたか?

最初、痛みのあるところ(首、腕、胸)のレントゲンをとって、それから先生に診察してもらいました。
「どんな痛みですか」と聞くかたちでした。
その後にあったかい枕をこういう風に(右肩を指しながら)乗せる治療でした・・・5分くらい。
その病院は全部で2回か3回くらい行ったと思います。

病院での治療が進んでるか、進んでないかっていうのは、僕自身実感は出来てなかったんですけど・・・一応、痛み止めと湿布を一週間分出してくれて、それがなくなってから病院に行けば良いのかなという感覚でしたね。

それが良いのか悪いのかは素人の僕にはにはわからないんです。
とりあえず薬がなくなるまで自宅にずっといたんですよね。
その期間がだいたい一か月。
それから「あひるの整骨院」に移りました。

あひるの整骨院の治療はいかがでしたか?

どういう治療がいいかっというのは、僕ははっきりいってわからないですけど、気持ちの面で「治っていくんじゃないかな」「良くなってるな」と思えるのを一番強く感じます。
それが良くなっていく要因のひとつになっているのではないかと思います。

整骨院では問診の段階から、「しっかり治しましょう」と対応していただいたので、ものすごく安心して通わせていただいています。
治療が始まって約一ヶ月経つわけなんですけども、徐々に良くなっているような気がします。

交通事故に遭って困っている人にアドバイスをお願いします?
患者様

治療に関して言えば、病院のシバリを感じましたね。結局、2週間分の薬を出されると、2週間後に行かなきゃ行けないというシバリ的な感情。
そういう感情が、次の治療に行くという行動に結び付きにくくしているじゃないでしょうか。

手続きでいえば、僕が今まで仕事を通じて助かったのが、事故したときに必ずこういう保険会社の連絡先カードを保険屋さんの方で用意してもらってます。
ぶつけたら警察と保険屋さんにとりあえず連絡をして、それでケガがあるようでしたら救急車呼んで。
そういう風にやっとけば、あとはもう任せるしかないのかなと思いますね。

取材協力 あひるの整骨院 東京都あきる野市秋川2-7-7 042-550-7222 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

事故の治療を整骨院で出来るなんて知りませんでした。

どんな事故でしたか?
どんな事故でしたか?のイメージ1

一年ほど前の事故でした。

2車線道路の右側を自分がバイクで走っていたところへ、左車線を走っていた普通車が急にUターンしようとして、自分のバイクがその車の横腹にドーンとぶつかって・・・自分の体は車を越えて・・・飛んだみたいです。
見てた人が言うには信号機の高さまで上がったと。
そして道路に落ちて・・・落ちてからバイクが心配で立ち上がろうとしたんですけど、その時点で脚が痛すぎて、動けなかったですね。

そのときは骨盤が折れたかと思いましたね、左足が変な方向に開いていましたから。
後から病院の先生に言われたんですけど、車に当たって折れたというよりも、道路に着地したときにその衝撃で右脚の骨が折れたみたいです。
正直、救急車を待っている間、「もうオレ、ダメかも・・・」って思いましたね。
相手の方も目の上から少し血を流していたんですけど、すぐに私のほうに駆け寄ってきて「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。
左の大腿骨以外は、あごが少し痛かったのと、Tシャツだったので左腕を軽く擦りむいた程度でした。

事故からの経緯を教えていただけますか?
どんな事故でしたか?のイメージ2

事故当日は祝日という事もあって、とりあえずICUにはいって、翌日手術をしました。
じっとしていると、それほど痛くはないんですが、何時間かに一回の体位交換・・・あれが耐えられなくて・・・。
でも、一番痛みが強かったのが、救急車からICUのベットに乗るところでしたね、ギャーギャーわめきましたから。

病院では翌日に髄内釘の手術をして、1ヶ月半、入院しました。

正直、不安でしたね、自分の脚で歩けるようになるのかな、って。
退院するときには松葉杖1本で、一応、手術をした左足にも体重をかけていいといわれる状態でした。
筋力的な衰えもあって松葉杖を支えにして歩いていました。

たまたま母親が「きらきら整骨院」に通っていて、それで僕の話をしたら、整骨院でも治療が出来るといわれて、初めて知った感じです。
退院してから「きらきら整骨院」にリハビリをかねた治療に週に1回程度、かようようになりました。
正直、整骨院で交通事故の治療が出来るとは、思っていなかったですね。

病院・整骨院の印象は?

以前に近くの整形外科にも行った事があるんですけど、・・・どうも親身になって話を聞いてくれないと言うか。
別に病院とか整形外科を悪く言っている訳ではなくて、なんていうか、こなすような感じがあるというか。
本当に分かっているのかなぁと思いましたね。

「きらきら整骨院」では体をちゃんと診て、そのときの状態を説明しくれるのことがありがたいです。
状態としてこうだから、「こういう運動をしたほうがいいよ」等のアドバイスしていただきました。
病院でもアドバイスをくれるし、マッサージもしてくれるんですけど、正直、仕事だから・・・やってるみたいに感じてしまって。
治したいから通っているので・・・親身に接してくれるほうがいいですね。

保険会社とのやり取りはどうでしたか?
どんな事故でしたか?のイメージ3

退院の少し前に保険会社のほうに「退院してからリハビリと治療をかねて、近くの整骨院に通いたいんですが、いいですか?」と聞いたところ大丈夫だという事だったので、きらきら整骨院に通うことになりました。
治療に関しては相手の保険会社の人も割りとスムーズに対応してくれましたね。
連絡も月1回くらいはきちんとしてきました。
保険会社の対応に関して、悪い印象はないですね。

交通事故にあわれて困っている方へのアドバイスを一言お願いします。

1人で考え込まない事ですね。
事故の状況によっても、ちがうと思いますが、自分も入院中、今後を不安に思うことがありました。
そんな時に、家族であったり友人が話を聞いてくれることによって不安がやわらぐし、道が開けると思うんですよね。

実際、自分は母親に今後の治療を相談したところ、「きらきら整骨院」でも大丈夫だとわかって、それが縁で今でも通っているわけで。
だから1人で抱え込まないで、周りの人に相談してみるといいと思います。

取材協力 きらきら整骨院 東京都青梅市川辺町10-10-9 0428-21-4123 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

こころのキズもおおきいです。

どういう事故だったのかを教えていただけますか。
こころのキズもおおきいです。のイメージ1

今回の事故は見通しのいい直線道路で信号から2台目に自分の車が止まっていたんです。
信号で止まっていたら、いきなり「ドカン!」と後から思いっきり追突されて、それで前にもぶつかって、玉突き事故ですね。
最初、分けが判らなかったっていうか・・・。もう、逃げられるも何もないっていうか・・・(苦笑)。そんな状態でしたね。

よっぽど追突した後ろの車はスピードがないと(自分の)車は動かないと思うんです。しかも上り坂の途中の信号だったんですよ。
相当の衝撃があったんで、警察の人も、「よっぽどスピードを出していたし、ほとんどブレーキを踏んでないじゃないか」と言っていました。

事故に遭ったときは、どんな気持ちがしました?

実際、分けが判らなくて・・・後を見たら車の後ろのガラス全部吹っ飛んでしまっていて。
ロングタイプのワゴン車だったのでガラスでけがすることはなかったですけど。
でも窓ガラスは全部吹っ飛んだし・・・。
後ろを向いて初めて「ぶつけられたんだ・・・」という、そういう状況ですね。

体の痛みはどうでしたか?

当たった瞬間ていうのは、はっきりいって痛みもなかったし、判らないっていう状態でしたね。症状が出てきたのは、その日はあまりなかったというのが正直な所ですね。
首周りがモワッていう感じはしてたものの、痛みといわれるとなかったですね。
徐々に出てきたのが、首と背中ですね。

始めはそれほどひどくはなかったんですよ。病院の診断も全治2週間という診断書を出されましたし。
事故から3~4日経ってからですね、腰のほうに痛みが出始めて。結局、腰が一番ひどくなったんです。それと左足の股関節から腰にかけていう部分が、もうどうにも痛くて。
結局、身動きとるのさえきつくなってしまいました。

病院の治療はいかがでしたか?
こころのキズもおおきいです。のイメージ2

大きい病院に運ばれました。
まず、どこが痛いかを聞かれて、レントゲンをとられて、シップを貼られ、
事故なので首のコルセットをしてもらいました。
それで、翌日もう一回来てくださいと。

翌日とあともう一回行ったときに、肩のところに筋肉を和らげる注射を打たれて、シップを出されて終わりです。
全く触診とかをされないんですよね。たまたまその病院はそうだったのかもしれないですけど。正直なところ、まったく信用できないわけですよね。
気持ちとしては、触られもしないでいきなり注射を打たれると不安だけ残るんですよ。

保険の手続きはどうなさいましたか?

最初、事故起こした相手の保険会社と連絡取り合いました。
とりあえずいつもお世話になっている「あひるの整骨院」と知り合いに勧められたハリ治療の病院があるんで、両方行かせて欲しいということで連絡を取ったんですよ。

本当はその翌日から通おうと思っていたんですけど、身体がつらくて、結局、一週間くらい治療に来れなかったんですよ。ここまで車で乗せて来てもらうのもつらくて。
それと、今もそうなんですけど、座ってじっとしているのがつらくて。
まだ、普通に立ってるほうが楽かな、っていう感じになってしまったんです。

事故に対して思うことはありますか?

保険会社の対応で疑問に思うことがあります。
保険会社の方は、事故を起こした加害者の方に対して「被害者とは連絡はもうとらないで」ということを言っていると思うんです。

でも、加害者が一言「申し訳ありませんでした」と謝罪があると、被害者としては救われる事もおおいと思います。

加害者に対する怒りの感情があるうちは、体の傷もなかなかよくならないです。

以前にぶつけられた方は、世田谷に住んでた方ですけど、わざわざこっち(あきる野市)まで謝罪に来られたんですよ。わざわざ来てくださって・・・気が落ちついて・・・「いいですよ」って思えるんです。

病院から整骨院の治療へと移るときは手続きはスムーズでしたか?

はい。でも、「普通は1つの病院で治療するのが原則です」と言われましたし、「本来は整形外科での治療が原則です」といつも言われるんですけど。
僕の場合は「あひるの整骨院」に何回もお世話になっていますから、信用もしているし、整形にいってもシップを出すだけのところがおおいので、きちんとした所で診てもらいたいと。
こういう交渉はもちろん担当者にもよると思います。

でも、ある程度身体に関して専門的な知識を持っていて、整骨院だとこういう治療をしてくれる、病院だとこういう治療をしてくれる、だから両方の治療が必要なんだとはっきり明確に言えれば大丈夫ではないですかね。でないと、整骨院も病院も同じですよね、どちらか片方でいいですよね、という話になってしまうので。

整骨院の治療はいかがでしたか?

「あひるの整骨院」だと長期にわたって、徐々に徐々に一ヶ所づつ治していただける。僕としてみれば安心感がありますね。
ただ、毎日来たいけど時間がとれなくて、日が空くと身体もきつくなるしという部分はデメリットとしてあるんですけど。
僕にとっては、症状を軽く判断されないっていうのが、安心感ですね。
一回の治療で終わりという感じではなくて。

子供たちが怪我をしても、同じことなんですよね。
整形に行ってもどうせシップだし、電気を少しあてて、それで終わり?
それじゃあ、治るわけないですよ。
大事なのはアドバイスであったり、アフターケアですよね。

交通事故の治療に関してアドバイスはありますか?
こころのキズもおおきいです。のイメージ3

始めはレントゲンとかCTの設備があったほうがいいと思います。
問題はそのあとですね。大きな病院だと長い時間待たされて、治療は5分?それじゃあね、納得できないですよ。
たぶん、初めて事故された方だと病院で「もう大丈夫ですよ」と言われてしまうと、それを信用して治療を終わってしまいます。
でも、治療を終了してから、どんどん症状が出てくることがあるわけですよ。
保険会社にとっては、被害者が身体はもう大丈夫だと書類を出してしまえば、治療はそれで終わりですから。
あとになって、症状を訴えてもダメなんですよね。
だから、最初は自分でお金を出してでもいくつか回って、自分に合う治療を見つけたほうが良いですね。
極端な話、救急車で運ばれた病院は、最初だけですね、僕の場合。

初めて事故に遭われた方に一言お願いします。

そうですね、身体はもちろん大事ですけど、精神的なものも同じくらい大事だと思います。
僕が「あひるの整骨院」に通院しているのは、先生たちが元気なことが大きいですね。
それが一番ですかね(笑)。事故に遭うと落ち込みますからね。
ここは、あいさつが元気だし、きちんと話を聞いてくれるし、コミュニケーションを大事にしている所がいいです。

取材協力 あひるの整骨院 東京都あきる野市秋川2-7-7 042-550-7222 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

その日はうつ伏せも仰向けも痛くてダメでした。

まずどんな事故だったかを教えていただけませんか?
その日はうつ伏せも仰向けも痛くてダメでした。のイメージ1

朝の出勤時の事故でした。
道路の幅自体はトラック同士でもなんなくすれちがう事のできるものでしたが、対向車が道の真ん中を走って来たので、このままでは危ないと思い、左側に停車して避難しましたが、対向車とそのままガツンぶつかってしまいました。正面衝突ではなかったですが、車の右前の部分がバリっと壊れてしまい、ドアも普通の力では開かなくて、タイヤも曲がってしまった状態でした。

「ぶつかるかな」というのはあったのですが、「最終的には避けてくれるだろう」と思っていたんですよ、本当にぶつかるまでは。
ただ前からの衝突で「ぶつかるかも」というのが分かっていて身構えられたので、衝撃の割にはまだ良かったのだと思います。

体の方はいかがでしたか?

結構な衝撃だったのですが、衝突の直後には痛みには気づいてなかったですね。
衝突から5分位してから右腕のほうがシビレてきました。

その日の夕方にかけて、右腕のシビレとだるさが徐々に増していったのと、吐き気が出てきたのを覚えています。
その日の夜には首がどうにも痛くて寝れなかったです。うつ伏せでも仰向けでも首が痛いし、横を向こうとしても痛くてダメでしたね。
何とか寝れても、何時間かすると目が覚めてしまうし。

2,3日そんなつらさが続いて、もうどうにもならなかったのでもう一回病院にいったんですよ。
そうしたら「そういう症状が出るのは仕方がない」と逆に怒られて帰ってきました。
本当はちょっとでも良くなれば、何か方法はないのかと思いいったのに・・・。
症状は、雨が降ると特に良くなかったですね、気圧の関係なんでしょうかね。
事故から5ヶ月くらい経ちますが、今でも雨が降るとダメですね。

それと事故してから、両手がすごいむくむようになり、手の力も入りにくくなりました。
実際、握力を測ってみると事故前は34~35㌔くらいあったのが20㌔くらいに低下してました。
今でも力が入りにくいですね。

ぶつかってからどういう行動をとりましたか?
その日はうつ伏せも仰向けも痛くてダメでした。のイメージ2

まず運転席側のドアが曲がってふつうに開かなくて、思い切り押して車から出ました。
対向車はすぐには止まらないで、5m位走ってから止まってました。
「どんな人が乗っているのかな」と思って見てみたら70歳過ぎのおじいちゃんでした。

ただ、そのおじいちゃん、なにもできないようでした。ただ車の横でたっているだけ。
朝の通勤時間帯だったので「車を脇によけてください」といっても、すぐにはうごけない状態でした。
被害者のはずの私も、呆然として・・・車は動かないし。
結局、私が警察呼んだり、現場検証をしたり、全部やりました。

保険会社とのやり取りはいかがでしたか?

担当者の対応に関して言えば、最初は良かったんですけど、日がたつにつれて「部位はどこだ」「何点だ?」といわれて。業界用語なんですね、そういう言葉って分からないじゃないですか。
そういう専門的な言葉は分かりにくかったですね。

病院はどうでしたか?

病院ではレントゲンをとり、症状をきかれて、薬をだしてもらいました。
担当のドクターには「一週間くらいは症状が安定しないから、次回は2週間後にきてください」「その間は安静にしていたほうがいい、本当は仕事を休めるとベストだね」と言われました。

病院から整骨院の治療に移ったのはどうしてですか?
その日はうつ伏せも仰向けも痛くてダメでした。のイメージ3

病院だと仕事が終わってから行くのが、むずかしいことがありました。
あと、病院では牽引の治療をしていたのですが、腰の牽引をされるとお腹が下ってしまうんです。牽引が体にあっていなかったみたいです。
首の牽引も痛くてダメでした。だから病院ではなく整骨院での治療に移ろうと思いました。

ただ、私は早く整骨院の治療に移りたかったのですが、「まだ安静にしていたほうがいい」ということで、ドクターの許可がおりたのが事故から一ヵ月後でした。

病院と整骨院を比べるとどうですか?

病院はくる人もおおいので治療はテキパキとした印象をうけました。
それに対して「羽村ひかり整骨院」では一人一人の症状を丁寧に聞いてくれるので安心感があります。
なにかあれば、はなしやすい環境です。

交通事故にあわれた方へのアドバイスをおねがいします。

まずは自分の体を一番に考えて。
出来るだけ早く自分にあった病院、治療を探した方が治るのは早いと思います。

取材協力 羽村ひかり整骨院 東京都羽村市五ノ神1-8-9 042-554-3769 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

交通事故の治療って、どこに行けばいいのか分かりませんでした。

まずどんな事故だったか教えていただきますか?
交通事故の治療って、どこに行けばいいのか分かりませんでした。のイメージ1

仕事場へ入ろうとして、右折待ちをしていたところへの、追突事故でした。
追突の瞬間はそれほどの衝撃ではなく、左後部にコツンという程度だったんです。
そのときは車が傷ついた事のほうがショックでしたね、キレイに乗っていたので。

相手の方に警察を呼んでいただきました。
救急車は呼ばなかったですね。
その後、車の運転をしていて1時間くらいたつと、なんとなく左肩と左手首?に変な感じが出てきました。
違和感って言うんですか?、なんとも表現しづらいですけど。
実際ほんの少ししか衝撃がなかったと思ったのに、左腕に症状が出てきたので意外に感じたのを覚えています。

整骨院には以前通院したことがあるので、私の場合交通事故の治療が整骨院で出来るかどうか、直接整骨院に聞いてみたんです。
ただ、整骨院ではレントゲンを撮ることが出来ないので、レントゲンを撮るために一度病院の方に行きました。
病院でレントゲンを撮っても、骨が折れているということもなかったので、その後の治療はそのまま「きらきら整骨院」のほうで受けることにしました。

保険会社とのやり取りは?
交通事故の治療って、どこに行けばいいのか分かりませんでした。のイメージ2

保険会社の対応は、丁寧な対応をしてくれたと感じています。
ただ、相手の保険会社の方から、毎月「ケガの方はいかがですか?」と電話で聞かれたのは、ちょっとプレッシャーでした。
「症状どうですか?」「改善されてますか?」と毎回言われるので、段々通っている自分が申し訳なくなってくるんです。
「治ってない自分がいけないのかなぁ」と思えてきて・・・毎月の保険会社からの電話が自分にとってはプレッシャーでした。

人身と物損の担当者って違う人なんですね。
車の修理に関しての問い合わせをしたら、担当者が違うので代わりますといわれて、また事故のことを最初から話をしなければいけないのは、面倒でしたね。
被害者の立場から言えば、担当者は一人いのほうがいいです、まどろっこしくなくて。
そのこと意外は、手続きもスムーズで対応も丁寧でよかったです。

どうして最初に病院にかかろうと思わなかったのですか?

まず、どこに行ったらいいかが分からなかったんです。
骨が折れたわけでもないし、外傷もなくただ痛いだけだから、どうすればいいんだろうと思いました。
何科にかかればよいか見当がつかなかったので、以前お世話になった「きらきら整骨院」に伺ったといういきさつです。
あとは時間的な問題ですね。通院するとなると、どうしても仕事が終わってからになるので病院だと終わってしまっているんです。

「きらきら整骨院」だと夜8時まで受付をしてくれているので、助かります。

整骨院での治療はいかがでした?
交通事故の治療って、どこに行けばいいのか分かりませんでした。のイメージ3

レントゲンと取りに行った病院は、患者さんがたくさんいたので、きちんと診てもらえるのか不安でした。
整骨院では、痛いところをちゃんと分かってくれたのと、きちんと症状について説明をしてくれたので安心感がありました。
治療の経過には波がありましたね。

治療を受けて「治ったかな」と思ったら2~3日経ってまた痛みが出てきたりして。

交通事故にあって不安に思っている人へのアドバイスをお願いします。

ちょっとでも不安に思っていることがあったら、誰かに話をした方がいいと思います。
いろんな人の意見を聞くことで、大分変わりましたから。
私の場合は職場の人に、治療を受けた方がいいか迷っているのことを話したら、「はやく治療に行ったほうがいいよ」といわれて「きらきら整骨院」にお世話になることになりました。
ひとりで、ふさぎ込んではよくないですよ。

取材協力 きらきら整骨院 東京都青梅市川辺町10-10-9 0428-21-4123 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

不思議と相手の人を恨んでないんです。

どんな事故だったか教えていただけますか
不思議と相手の人を恨んでないんです。のイメージ1

今年の6月に深夜、友達の車に友人4人で乗っていた時の事故でした。
赤信号で止まっていて、信号が青になったのでゆっくり発進しようとしたところへ、後ろから追突されたんです。
運転手以外は友人同士で横を向いてしゃべっていたので、追突の衝撃で首を痛めたんだと思います。
ただ、追突した車もそれほどスピードが出ていたわけではなかったみたいですが、なにしろ突然の衝撃だったので、すごくびっくりしたのを覚えています。

事故にあった時、どういう行動をされましたか?

道の真ん中に車を止めていたので、まず車を脇に寄せました。
相手の男性の方も自分がわき見運転をしていたというのはわかっていたみたいで、、すぐに駆け寄ってきて謝りに来てくたので、相手に対しての恨みとか憎いとかという感情はあんまりありませんでした。
何か下に落としてそれを拾おうとして、屈んでしまったところでの事故ということだったみたいです。

体の痛みはどうでしたか?

事故直後は体に痛みを感じるということはそれほどなかったんですが、警察が来る5~10分の間に友人たちは首の痛みとか、体の震えを感じていましたみたいです。
私も最初は首の痛みが少しあるくらいで、平気かなって思えたんですけども、警察の方に住所などを書いて下さいと言われて、書いている時に手が震えているのに気がついて。
だんだん首の方も痛みが出てきて、帰る頃には、痛みのために首を横向くことも前後に動かすこともできない状態でした。

それと私の場合、左の首から肩にかけての痛みがひどかったんですけど、その時に左半身(左腕~左足の指先まで)のしびれがあったんですよね。
最初、「救急車に乗りますか」と言われた時には断ってたんですけど、しびれと震えが止まらなくなって、それで怖くなってしまって結局、救急車に乗せてもらいました。
私以外の子は首から肩に痛みがあっり、腰が痛かったり、あと吐き気を訴えていました。

事故の日はどんな気持ちがしました?

後ろから追突されて、友人も怖いしてるんですけど、相手の方がすぐ車から降りて駆け寄ってきて謝ってくれたので、不思議な感じなんですけども、相手のことをすぐ許せている自分がいました。
本当に不思議な感じでした。

からだも痛くて大変なんだけども、相手のことを恨んでないというか。
事故してすぐに相手の人が車から降りて駆け寄ってきて謝ったことが大きいと思います。

保険会社とのやり取りはどうでしたか?
不思議と相手の人を恨んでないんです。のイメージ2

事故の次の日に相手の保険会社のほうから連絡がきて、けがの具合とか、どこの病院に通うのかとか、事故の状況をわかる範囲で教えて下さいと言われました。
私に電話をかけてくる前に、一緒に乗っていた友人の方に電話をしていたみたいで、事故の状況を話していて、ちょっとでも友人の話と違うと、「あっちの人はこう言ってたんですけど」とすごい言われて。
その時は「そうですか」とうやむやに済ませてしまったんですけども・・・。
やっぱり、事故の状況の感じ方も、私と友人では少しづつ違うと思うんですよ。
相手の方の保険会社とは電話でのやり取りだったんですけども、私の仕事の都合で夕方以降でないと電話に出れなかったんです。
電話がかかってきていたら、すぐにこちらから電話するようにしていたんですけども、どうしても6時過ぎになってしまって。
そうすると、もう保険会社の方は終わっていて、なかなか連絡が取れなくて話ができなかったのを覚えています。

病院の治療はいかがでしたか?

私の場合、首の痛みと体の震えがあったので、レントゲンとMRIをとりました。
そのあと医師と話をして「どのへんがいたいですか?」といって、レントゲンを見ながら痛い場所を軽く触れて確認してくれました。
そして「もう少し様子を見ましょう」と言われて、次の日か都合がつかなければ2日後に来て下さいと言われました。
薬は、痛み止めと湿布をもらったと思います。
最初の病院は2回通院した時に、病院の人から「今後、治療の方はどうしますか?この病院に通院しますか?」と言われて、私は「レントゲンに異常がないのなら近くの整骨院の方に通います」と答えて。
それで最初の病院の治療はその日で終了しました。

病院から整骨院へ移るときに保険会社の担当者から何か言われましたか?

ちょうど病院の2回目の治療が終わった時に保険会社の方から電話があったんですけど、そのとき病院の治療を終了にして、次から近くの「きらきら整骨院」の方に通うことを伝えました。
保険会社の人は「前からそのきらきら整骨院によくかよっているのですか?」と聞いただけで、そのことについてはあまり突っ込まれなかったと思います。
だから病院から整骨院に移るのは、すんなりいけたように感じます。

ただ、保険の書類の方が戸惑いました。
自宅に送られてきて、必要事項を記入してくださいというものだったんですけども、私はまだ未成年なんで、振り込みの口座を私の口座を書くのか、親の口座を書いた方がいいのか・・・これは迷いました。
結局、保護者である親の口座を書いたんですけど。
他には、事故の日付とか事故の状況とか、私の場合は未成年なんで保護者の名前とかを書きました。
用紙には事前に保険会社の人が記入する所に鉛筆で丸をしてくれていたので、それに関しては迷うことはありませんでした。

整骨院の治療はいかがでしたか?
不思議と相手の人を恨んでないんです。のイメージ3

整骨院だと、事故の状況から痛いところなどきちんと聞いてくれました。
けがの具合なんかも、整骨院に行くたびに聞いてくれていたので、痛みが強いとか引いてきたとかをすごい言いやすい環境でした。
そこら辺は最初の病院とは違うところだと思います。

整骨院には3か月ほど通院したんですが、首の痛みは治療で和らいだかなと思っていたら、しばらくするとまた痛みがひどくなってきて。
徐々に徐々に痛みが退いてきたというより、良くなったり悪くなったりを繰り返していた感じです。
事故直後にあった左半身のしびれは、事故の後2~3日したらなくなってきたように思います。
最初の病院の先生が言うには、怖い思いをしたことでしびれが出たんじゃないかと言っていました。
でも何で左半身だけだったんでしょうね、不思議です。

最後に交通事故にあって不安に思っている人に一言アドバイスをお願いします。

私は事故の治療の経験が初めてだったので、最初に運ばれた病院にずっと通わなければいけないと思っていました。
それか、近くの整形外科とか大きな病院に行かなければいけないのかな、と思っていて。
分からなくて親に相談したら、整骨院でも交通事故の治療をしてくれるところがあるよと言われて初めて分かったんですけど。
やっぱり事故の状況を話しにくい人もいると思うんです。
事故の怖い思いを、また思いだす人もいると思うんですけど、以前、通っていて話しやすい近くの病院とか整骨院の存在は最初の病院とは違うと思います。
話すことで変わってきます。
だから自分がこの先生にだったら、事故の状況とかを話してもあせらないで自分のペースで話を聞いてくれんじゃないかっていう気持ちが大切だとと思います。
(初めて事故をすると)どこの病院に行ったらいいか迷うと思うんですけど、初めての病院よりも以前に何度かお世話になった病院の方がいいと思います。

取材協力 きらきら整骨院 京都青梅市川辺町10-10-9 0428-21-4123 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

「親切・丁寧・きめ細かい」が私が整骨院での治療を選んだ理由です。

どんな事故だったのですか?
「親切・丁寧・きめ細かい」が私が整骨院での治療を選んだ理由です。のイメージ1

夜、自転車で駅から自宅に帰る途中の事故でした。
信号のある交差点の横断歩道を自転車に乗って渡っていたところ、左後ろからきた右折車が突っ込んできたんです。
ちょうど自転車の左側に車が衝突してきたので、私と自転車は右に倒されてしまい、そのとき自転車のハンドルを握っていた左手首が捻じられて痛めたようです。
自転車の方は左側のペダルがグニャっと曲がってしまい、乗って帰れないくらいの衝撃でした。

治療の方はどうなさいましたか?

事故の翌日、「骨が折れていたら心配だ」と思い近所の整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。
整形外科の先生には「骨折はしていない。多分捻挫でしょう」と言われ、はり薬と手首のサポーターを頂きました。
はり薬とサポーターをしてまた2週間後にきてくださいと言われたのでそのとおりにしていました。
2週間経って行くと、整形外科の先生は「少しよくなってますね」と言うんですが、治療方法としては「はり薬とサポーター」でした。
「早く治して以前の日常生活に戻りたい」と思い整骨院を探しました。

どうして整骨院いこうと思われたのですか?
「親切・丁寧・きめ細かい」が私が整骨院での治療を選んだ理由です。のイメージ2

整骨院には以前にもスポーツでのケガで通院したことがあったんです。
今回は近所の方が通院していたという事と、タウンページで調べたときに「交通事故に対応します」とはっきり書いてあったのでこの「あひるの整骨院」に来ることにしました。
治療にかかる前に保険会社に電話で整骨院にかかっていいか問い合わせたところ快く承諾してくれました。
整骨院で左手首の痛みを見てもらったところ、「関節の軸が前後にずれているから曲げづらくなってますね。」と言われ「なるほどな」と納得できたのを覚えています。

はじめは手首を上にそらせると痛かったですが、整骨院での治療のおかげで今では痛みはなくなりましたし、若干下に曲げる動作、手をつく動作で痛みが残ります。
もう少し、もう少しじゃないかという所まで回復しています。

保険会社の対応はいかがでしたか?

保険会社の対応は非常に親切でしたね。
最初の整形外科への連絡もスムーズでしたし、整骨院へ通院したいと連絡したときも「いいですよ」と快く承諾していただきました。
「鍼とかマッサージは遠慮してほしいんですが」とは言われましたが。

整骨院のイメージはどういうものですか?

整形外科に比べて「親切・丁寧・細かいところまで要望を聞いてくれる」というイメージがあります。
患者の立場から言えば「丁寧・親切・早く治していただきたい」というのがあります。
整形外科での治療はどちらかといえば「自然に治癒させていく」というやり方。
整骨院のイメージは「細かいところまで触診で診て、何を治せばいいかを説明してくれる」、ここが違うと思います。

整骨院で交通事故の治療が受けられる事はご存知でしたか?
「親切・丁寧・きめ細かい」が私が整骨院での治療を選んだ理由です。のイメージ3

整骨院で交通事故の治療が受けられることは、はっきりとは知りませんでした。
タウンページを調べたときに、「あひるの整骨院」の欄に「交通事故対応します」と書いてあったので、それをコピーしてここに来ました。

交通事故の治療というと、「病院ではやってくれる」けど「整骨院では?」とあいまいなところがありました。
でもタウンページにはっきりと「交通事故対応します」と書かれていたので安心して来れました。

交通事故の治療で迷っている方にアドバイスをお願いします。

「早く良くなりたい、きめ細かい対応をしてほしい」という人は、整骨院という選択肢もいいと思います。
病院ではレントゲンを見て骨折はないという診断を頂いたのですが、あひるの整骨院では患部の関節の動きを見て関節が前後方向にずれているから動かすときに痛みがあると具体的に説明してくれました。
その関節のズレを戻すことを治療としてやっていきましょう、といわれて「なるほど」と納得できました。
その説明に納得できたので、こちらで治療にお世話になろうと思いました。
納得できる治療院を選ぶことをお勧めします。

取材協力 あひるの整骨院 東京都あきる野市秋川2-7-7 042-550-7222 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

親身な対応が安心します。

事故の状況をお話いただけますか?
親身な対応が安心します。のイメージ1

仕事帰りの事故でした。
信号のない交差点の横断歩道を自転車で渡ろうとしたときに、高さのある塀で死角になった坂道から車が突っ込んできて、跳ね飛ばされたんです。
私はミラーをみて、車が来ていることは見えていたんですが、距離に余裕があるので進んだんです。
そしたら、とんでもない、車の方は一時停止しないで来たので、跳ね飛ばされてしまったんです。

私としては、一時停止する場所だから、当然、車が一時停止すると思ったんです。
ところが、突っ込んできてしまったものですから・・・もう、びっくりして。
自転車の急ブレーキをかけた衝撃で、自転車のハンドルが自分の右胸を強く打ってしまったんです。
それと同時に、買い物したものが全部ちらかってしまい・・・グチャグチャでした。

病院での対応はいかがでしたか?
親身な対応が安心します。のイメージ2

胸を強く打っていたので、救急車で病院に運ばれました。
ただ、そこの病院では、シップを張るだけで・・・「えっ?!」と思ってしまいました。
確かにレントゲン検査で「骨折はありません。打撲だけです。」という診断をいただいたのですが、治療がシップだけだったんです。
次回の予約も、「次の日に来て下さい」といわれるかと思ったのですが「一週間後にきてください」といわれると、気持ちとしては不安ですよね。
「痛いのになぜ?」と思いました。
その病院には、業務的な印象を受けました。

同じ病院でも対応で印象も変わります。
以前、別のT病院に通院していたことがあって、その病院の院長先生はすごく親身になって診てくれたんです。
「どこが痛い?」「どうすると痛い?」と質問をいろいろしてくれて。
だから、救急車でその病院を指定できれば良かったんですけど、救急車って病院を指定できないんですよね。

家族のアドバイスもあって交通事故の治療に「福生整骨院」にきました。
整骨院で交通事故の治療ができることは、なんとなく知っていました。
私の主人も整体の免許を持っているので。

保険会社への連絡は?

担当者に「福生整骨院に通院します」と電話で伝えたところ、「すぐに書類をおくります」ということで、すぐに対応してくれました。
「十分、自分が納得するまで治療を受けてください」とも言われました。
保険会社の対応は親身で良かったです。

仕事への影響はありましたか?

ただ、、重い荷物を持つような仕事は3ヶ月くらい出来なかったですね。
だから、できる仕事が限られてしまいました。

整骨院の治療はいかがでしたか?
親身な対応が安心します。のイメージ3

痛いところをきちんと聞いてくれるので、よかったです。
集中的に治療してくれましたし。
事故の痛みって、冬になると出てきますね。いつもと違うなっていうのが出るんです。
うずくというか、右腕が筋肉痛のような・・・握ったりすると痛みが走ったり。
冬になると冷やさないように気をつかいますね。

病院だと、だいたいやること、同じなんですよね。
クリームをぬったり、シップをはったり、引っぱる牽引ですね。

ここの「福生整骨院」のように、痛いところに、ふれたり、ゆるめたりすることはないですね。
ふれられことで、自分もそこが痛いんだとわかるし、先生もわかってくれるので、つらさが共有できたのが、よかったです。

いい治療院とそうでない治療院のちがいは何だと思いますか?

やっぱり、もみかえしが強いと「もうここは、行きたくないな」と思います。
「いたい!」って言っているのに無理にギュッとやるところもあるんです。
次の日になって、からだがだるくなったり、痛みがでたりするとダメですね。
私の場合は、友達とか職場の仲間に聞いたりして情報収集してから治療院にいきます。

交通事故にあって不安になっている人へ一言おねがいします。

病院と両方でもいいから、整骨院には行ったほうがいいと思います。
病院ではどういう治療方針で治療してくれるのか、整骨院ではどういう治療をしてくれるのかを聞いてみたほうがいいです。
そういうことを知らないと最初に運ばれた病院での治療を受けるしかないですから。
選択肢は一つではないということです。

私のこだわりは整骨院の「対応」です。

どのような事故でしたか?
私のこだわりは整骨院の「対応」です。のイメージ1

車で直線道路を運転していたところへ、左の路地から出てきた車に衝突されました。
相手側の前方不注意のようです。
私の車の助手席側に衝突して、その勢いで反対車線のガードレールにまで飛ばされたので相当な衝撃だったと思います。

事故直後の様子はいかがでしたか?

まず車から降りて状況を確認しました。
そのときは「痛み」はないんですよね。
でも警察がきて、状況を説明している間にだんだん気持ち悪くなって、クラクラしてくるんです・・・。
警察の方に「病院に行くか行かないか」を聞かれたとき、最初、大丈夫かなと思ったのですが、「今行かないと後々保険が使えないかも」と思い救急車を呼んでもらいました。

最初は右の首から背中にかけて痛みが出ました。
事故したときから、この痛みとは長く付き合っていかないといけないなと覚悟を決めていました。
運ばれた病院では精密検査を受け、「脳に異常はない」という診断をもらいました。

その足で警察に行きました。本当にめまぐるしく時間が過ぎて言ったという感じです。
警察では裁判にはしないという話をしました。
その後は1日か2日休んだだけですぐに仕事に行きましたね。

交通事故の治療の通院はどうしましたか?
私のこだわりは整骨院の「対応」です。のイメージ2

以前からあひるの整骨院に通院していたこともあって、通院はあひるの整骨院にお願いすることにしました。
私の場合は、以前から整骨院を知っていたので、はじめから迷いはなかったですが、知らなかったとしたら病院のアドバイスに頼るしかないと思います。
どこに分かりませんから。「めまい」「立ちくらみ」でどこに行ったら良いか迷うのと同じです。
「交通事故」といわれても、どういう病院に行ったらよいのかわからないというのが正直なところです。

保険会社の対応はいかがでしたか?

対応はよかったと思います。
やりとりのほとんどが電話だったのですが、最後に一度だけ自宅に来ていただき書類の説明をしてもらいました。
最初は「記入する書類を送ります」と電話で言われたのですが「記入の仕方が分からないので来て説明してほしい」と言ったところ自宅に来てもらえました。

通院はいかがでしたか?

最初は2~3ヶ月の通院だと思っていたので、こんなに長く通っていて大丈夫なのかなと。
最終的には半年間、通院させてもらいましたから。
仕事の関係で週に一回程度しか通院でなかったのが大きいと思います。

病院・治療院を選ぶこだわりは何ですか?

病院というのは、いくら腕のよい医師がいても「対応」が良くないと正直、行きたくなくなるんですよ。
この「あひるの整骨院」は唯一、病院で「行きたい」と思うところなんです。
この今の痛みを和らげてもらえると思うと、早く行きたいと思うんです。
私自身も販売という人と接する仕事をしているので、通じるところがあるんですよね。
お客様に気持ちよく来てもらえるようにという「対応」が私の治療院を選ぶ本当のこだわりです。
いくら腕のいい先生がいても、「対応」が良くなかったら行きたくないですから。

どういう「対応」に惹かれますか?
私のこだわりは整骨院の「対応」です。のイメージ3

「あひるの整骨院」だと入ってきた瞬間に「あいさつ」されるじゃないですか。
治療を受ける場所で、あれだけの元気の良い「あいさつ」は他ではないですよね。
それと受付のところにある「基本理念」
ああいう姿勢が気に入っています。

自分の体を分かってもらっているという信頼感は、もちろんです。
体のここが痛いというと先生が「ここが良くないですね」ときちんと原因を指摘して、それを治療してくれるので大きな安心感があります。
これからも応援していきたいと思います。

交通事故にあった人にアドバイスをするとしたらどんな言葉をかけますか?

「まず治療を受けた方がいい」と言います。
通えるのなら、この「あひるの整骨院」をすすめますし、そうでなければ近隣で治療を受けることをアドバイスします。
最初に治療をきちんと受けておかないと、後で症状が出てきても治療が受けられない場合もありますから。

取材協力 あひるの整骨院 東京都あきる野市秋川2-7-7 042-550-7222 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

整骨院で交通事故の保険が使えるなんて知りませんでした。

どんな事故だったのかお聞きしてもよろしいですか?
整骨院で交通事故の保険が使えるなんて知りませんでした。のイメージ1

今年の9月の連休に家族、友人と3人で仙台に旅行に出かけたときでした。
渋滞にはまり、渋滞の最後尾で停車していたところへ、後ろから追突されたんです。
まさか、追突されるとは思ってもみなかったので、ぶつかった瞬間は「いったい何が起きたの?!」という感じでした。
後ろを見ると衝突した車の運転手が、申し訳なさそうに手を合わせているのを見て、その時「あぁ~ぶつけられたんだなぁ~」と実感しました。

事故の現場では、どんな行動をとりましたか?

まず、相手の車と自分の車を路肩に移動しました。
移動すると、相手の男性が「すいません。よそ見をしていました。申し訳ありません」と申し訳なさそうに謝ってきました。
そして、相手の男性が警察を呼んでくれたんです。
ただ、その時は「何をしなければいけないのか」と考えてもとにかく動揺してしまって何が何だかよくわかりませんでした。
今から思うと、現場での事情聴取などで2時間半もかかってしまい、本当に参りました。

その時、何を考えましたか?

とにかく「私の車はどうなってるの?どうなっちゃうの?」それしか頭の中に浮かびませんでした。
一緒にいた家族の体の具合にも頭がいかず・・・というか動揺してしまってそこまで意識が回らなかったというのが正直なところです。
警察の方が「体は大丈夫ですか?」と聞かれて、初めて自分の体に意識が向きました。
相手の方には、きちんと謝ってくれましたし、私も車を運転する仕事をしているので、相手に対する怒りというのはなかったですね。

お体はどこを痛めましたか?

事故当日は、首が夕方から突っ張ったような、寝違いのような感じになり「あれ~?!」と思っていましたが、「旅行中だし疲れているのかな?」と思い、病院には行きませんでした。
そして、自宅に帰ってきた翌日から、段々上から下へ伝わっていくように、首から腰が痛くなり、肩を動かす動作が痛くなってきました。
3日目くらいから腰の重さが痛みに変わり、徐々に左足にシビレを感じてきたんです。
それと同時に、頭痛、吐き気なども出てきました。

とても困られたことがあったんですね?
整骨院で交通事故の保険が使えるなんて知りませんでした。のイメージ2

そうなんです。
仙台に旅行中だったので、現地では病院にもいかずに帰ってきてしまったんです。
警察の方からも「もし、体に痛みが出てきたときには、もう一度仙台の警察署に来てもらうよ」と言われていました。
届け出自体はしていたのですが、動揺もしていたので、「大丈夫です」って言ってしまったんですよね。
正直迷いました・・・「もう一度、仙台まで行かなきゃならないの?!」って。
いま、時間もないし、仕事もあるし、どうしようかなって・・・すごく悩みました。

結局、警察の方に電話したら、「だいたいの事情聴取も終わっているので、電話で大丈夫ですよ」って言われた時は、本当にホッとしました。
それまでは、自分のお金で治療することも考えていましたから。

保険会社とのやり取りはどうでしたか?

・・・はっきり言わせていただくと、良心的な対応ではなかったと感じました。
機械的という感じでした。
こちらの話を全部折るんですよ。
書類についての問い合わせに関しても、なかなか連絡が取れないことがありました。
だから、聞きたいことは自分の保険会社の方と話をするようにしています。

整形外科から整骨院に移ったということですが。

最初、整形外科に行きました。
整形外科では、レントゲンを撮り、薬と湿布を出してもらいました。
先生からは「今はとにかくさわらない方がいい」と言われました。
その時、「また来週来てください」と言われましたが、あまり良くなる実感がないし、遠いのでどうしようか困ってしまったんです。

そんな時、以前事故の治療を経験したことのある職場の先輩に相談したら「整骨院で交通事故の治療ができるよ」と教えてくれたんです。
それで「たから整骨院」で交通事故の治療をしてもらうようになりました。
整骨院で交通事故の治療を受けられるなんて、職場の先輩に聞くまで全然知りませんでした。

整形外科と整骨院での治療をどう感じましたか?
整骨院で交通事故の保険が使えるなんて知りませんでした。のイメージ3

整形外科では電気をかけたり、首の牽引治療をすることの繰り返しだったので、悪いところを修理する?という感じでした。
それに比べると、「たから整骨院」では、大元の悪いところが一番スムーズに治るように、私の体を全体的に見て治療をしてくれます。
事故の痛みがとれるだけでなく、身体が元気になっていくような
、そんな治療だと実感しています。

病院では、基本的に忙しそうなので治療以外のことだと会話も出来ず、効率を重視するような感じでした。
ちょっと、余裕がなくて・・・さびしい気がしました。

「たから整骨院」では、人と人とのコミュニケーションを大事にしているのを強く感じました。
通院し始めたときは、アットホームで、私の話を丁寧に聞いてくれることに、毎回びっくりしました。
うれしかったです。

読者の方に一言アドバイスをお願いします。

事故にあわれたら、気持ちが動揺すると思います。
気持ちが動揺していると「身体の痛み」は意識しにくいので、痛みがなくても、早めに検査・治療を受けるべきだと思います。
あとは、自分の体を一番に考えて、しっかりと自分が納得のいく治療を受けることをおススメします。

また、私は「整骨院で交通事故の治療が出来ること」を知らなかったので、私の周りの人にもその事を伝えたいと思います。

取材協力 たから整骨院 埼玉県鶴ヶ島市上広谷173-1 ルネスエスポワール1F 049-286-7841 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

先生との距離が近いことがよかったです。

まず、どんな事故だったか、お聞きしても良いですか?
先生との距離が近いことがよかったです。のイメージ1

私は片側1車線の信号のない直線道路をバイクで走っていました。
反対車線の乗用車が、ガソリンスタンドに入ろうとウインカーを出していたのは分かっていたのですが、「この間隔ではありえないだろう?!」と思えるくらいに突然右折してきて、本当にビックリ!!
あわててブレーキをかけましたが間に合わず、転倒してしまいました。

相手の車も、私のバイクの存在に気づいて急ブレーキをかけ、ちょうどバイクは車のフロントにはさまり、私の体は、車の下に入り込んでしまいました。

それからどんな行動をとりましたか?

衝突時は目をつぶってしまいました。
気がつくと自分の体は車の下に入り込んでしまっていました。
目をあけると車の裏側が目に入り、怖くて急いで車の下から自力で這い出ました。
車のフロントにバイクがはさまって、動かせなかったので、一旦、車を置いたまま、隣のガソリンスタンドに避難したんです。

車とバイクは道路に置き去りでしたが、ガソリンスタンドの人が、うまく誘導してくれたので、渋滞にはならず、今思うと本当にありがたいです。
その後、相手が呼んでくれた救急車で病院に向かいました。

どんな気持ちがしましたか?
先生との距離が近いことがよかったです。のイメージ2

やはり、衝突後、目をあけると車体の裏側が目に入ったので、とにかく怖いという感情が大きかったです。
自力で這い出たのですが、全身の痛みと出血で怒りがこみ上げ、相手の車に向かって声を荒げてしまいました。
今思うと、怖さですごく動揺していたのだと思います。

しかし、相手の車の女性が出てきてすごく謝ってくれて、・・・ティッシュで自分の傷口をふいてくれる姿を見て、声を荒げて叫んでしまったことに対して、相手にすごく失礼なことをしてしまったなと思いました。
いまは相手のひとをうらむ気持ちはありません。
ずっと緊張していましたが、ヘルメットをとってもらった瞬間に「スゥ~」と気持ちが落ち着いたんです。
不思議でした。

お体はどこを痛めましたか?

右手のひら、右ひじ、両かた、右ひざにすり傷があり、とくに右ひじに砂利が入ってしまった状態でした。
そして、事故当初から左手首がジンジンとすごく痛み、力が入りにくい感じでした。
それに加え、熱が37.5℃あったことに驚きました。
次の日から、くび、かた、こしと段々と痛みが広がり、動かすことがつらくなりました。

治療はどうされましたか?
先生との距離が近いことがよかったです。のイメージ3

最初は整形外科に通院しました。
メインは傷口の治療でした。
くび、かた、こし、手首などの痛みを訴えに対しては、薬とシップを出してくれました。
5回目くらいに「まだ痛いの?」と言われ、とてもがっかりしました。

それで、治療場所を変えようと思い、ホームページで検索し、「たから整骨院」に通院するようになりました。
たから整骨院に通院するようになってから、痛いところをきちんと診て治療してくれるので、徐々に良くなっていることを実感しています。
全体的にやわらかい雰囲気が気に入っています。
それに素直に痛みのことを先生に話せる環境がいいのだと感じています。

読者の方に一言アドバイスをお願いします。

交通事故の治療を体験して感じたことですが、傷などの目に見える怪我は病院に行った方がいいと思います。
でも、むち打ちや腰の痛みなどの目に見えない怪我は整骨院のほうがいいと感じました。
整骨院の雰囲気も私の状態にあっていたんだと思います。

取材協力 たから整骨院 埼玉県鶴ヶ島市上広谷173-1 ルネスエスポワール1F 049-286-7841 交通事故治療 詳細情報はここをクリック!

整形外科での紹介状はあった方がいいですよ。

まず、どんな事故だったか、お聞きしても良いですか?
整形外科での紹介状はあった方がいいですよ。のイメージ1

交差点で左折する前車に続いて停車したあとに、十数秒ほど経った後に「ガッシャーン!」と追突されてました。
しかも、前車と追突車とのサンドイッチでした。
その後、警察を呼んで事故処理をしたのですが、記憶が飛び気味でした。
ショック状態だったと思います。事故の瞬間の映像が昼夜問わず出てくるようになりました。
しかも、スローモーションで・・・。
一ヶ月以上続いたと思います。

お体はどこを痛めました?

首と腰が痛くて、めまいもありました。
はじめに整形外科に通っていました。
治療は、飲み薬や張り薬など薬に頼るだけでした。
胃腸や皮膚が丈夫ではないので、長い期間、飲み薬、張り薬をする事はできませんでした。
それに加えて大変だったのが、首や腰が痛いのに待ち時間が長いことでした。

整骨院での治療はどうでしたか?
整形外科での紹介状はあった方がいいですよ。のイメージ2

事故から一ヶ月程してから、整形外科の先生に紹介状を書いて頂いて立川わかば整骨院に通うようになりました。
整骨院の治療は無理なく続けられるので、おススメです。

私達も初めての交通事故で整骨院に通うのも初めてでしたが、痛いところ、症状などをよく聞いてくれました。
しかも整骨院の先生方がとても元気がよかったことで、落ち込んでいた気持ちも晴れて、とても助かりました。
数年後に事故の後遺症が出たという話を聞いたこともあり、不安もありました。
でもテレビなどで整骨院でのスポーツ選手のリハビリの様子などを見たりしていたので整骨院での治療は安心感がありました。

保険会社とのやり取りはどうでした?

ショック状態の中で保険会社からの書類などが次々と送られてきてくるのは
結構へこみますよ。


保険の知識もあまり無いので・・・。
整骨院に通うことに対して、保険会社さんは良い顔をしなかったような・・。

読者の方に一言アドバイスをお願いします。
整形外科での紹介状はあった方がいいですよ。のイメージ3

とりあえず、整形外科と整骨院の併用がおススメですね。
私達の場合は整形外科の先生に相談して、紹介状を書いてもらいました。
被害者にとって治療を受けることは必要だと思います。
紹介状はあった方がいいと思います。
体の痛みは楽になるし、言いづらい事でも話ができるので、整骨院で治療してもらって、本当によかったです。

情報協力 立川わかば整骨院 東京都立川市柴崎町2-6-2 ほまれ屋第2ビル1F 立川駅より徒歩5分 042-526-8518